50期を迎えることができたことを皆様に感謝

8月31日は会社の決算締め日。
・棚卸
・請求書
・レジ締め
・記帳
などで夜更けになりましたが・・

おかげさまで、さかえやは49期を乗り越えることができました!

思い返すと 波乱万丈 。
会社にとっても、私にとっても試練の連続でした。

そのときは「どうして自分だけがこんな目に・・・」と嘆きましたが、

後になってみると全て自分に試されたハードル。
乗り越えると かけがえのない宝物 が見つかりました。

~ 9月1日スタート ~
この場所を残し与えてくれた先祖に感謝を込めて、
「おかげさまで50期を迎えることができました」とお墓にご報告。

無事に
第50期スタートさせていただきましたm(__)m

どんなビジネスでもお客様にお金をいただかなくては継続できないわけです。
特に現代はものすごい速さで情報が伝達し、進化しています。
お客様に支持されずに世の中に必要でなければ消えていってしまうのが自然な行為(摂理)だと思うのです。

松下幸之助さんの著書「商売心得帳」を読み返すたびに、
あらたな氣づきをいただけます。
何十年も前に書かれた本ですが、内容が色あせません。

色あせないにんげんになりたい。

あたりまえのことをあたりまえにこなすにんげんになりたい。

自分のやっていることが本当に正しいか不安になるときも正直ありますが、にんげんだから間違いがあって当然ですよね。

間違いに早く氣がついてプラスに修正すればいいと思うのです。

昨年に続き、今年も多くのひと、
こころのあるひととのご縁をいただきました。

多くの方々にご利用いただき、応援いただき、励まされて今の私が存在できると思うのです。

言葉であらわすとうまく伝えることができませんが、
こころから感謝しています。

本当にありがとうございます!

今後ともお世話になります。
よろしくお願い申し上げます。

~50期を迎えることができたことを皆様に感謝~

さかえやスタッフ一同

稲穂と麦

 

昨日は、合氣道のお稽古に行ってきました。

先週がお盆の為お休みでしたので、
久しぶりに自発的ないい汗流してきました。

その中で先生から、技を表現する言葉で

「実るほど 頭(こうべ)のたれる 稲穂(いなほ)かな」とお伝えいただきました。

この言葉は社会人になってすぐのころ、
以前に勤めていた会社のお得意先の現場職人さんに教えていただいてから、ずっと心の奥底に刻まれている言葉です。

このことわざはお米について言っていることでして、
良いお米(実りのある)ほど頭(こうべ)がさがっていること。

逆に麦(ムギ)は天に向かって真直ぐに伸びていますよね。
私はつくったことは無いので詳しくは知りませんが、
成長過程でムギは何回か踏みつけるみたいですね。
何度も踏みつけられて、真直ぐに伸びていくそうです。

なんだか・・・、人間と一緒だな?!とおもいました。

以前に氣の繋がりで、何人かの一部上場企業の社長さんとお話させていただく機会がありましたが、共通して言える事は・・・

私のような若輩者にも、
丁寧に挨拶(頭を下げてお礼)してくれるということ。

そして、皆様、事業を大きくしてきた過程で、
何度も、踏みつけられた経験 があるということ。

 

最後に、素晴らしい笑顔の持ち主であること。

 

自分もそうなりたい!と決心した出来事でした。

JR横浜~日光直通記念セレモニー

【GW期間中、JR横浜~東武日光間 臨時特急運転】
提供 TOBU NEWSより (PDFファイル) http://www.tobu.co.jp/news/2007/1/070119.pdf
を記念いたしまして、東武日光駅前で歓迎セレモニーを行います!

東武日光駅前の松原町と致しまして、 4月28日限定!!
JR横浜~日光直通記念セレモニー
【 家体(やたい)と お囃子 そして振る舞い酒 】 をもって、歓迎・歓待させていただきます。

(私も祭りごとでの正装 羽織・袴 でおもてなしさせていただきます)
飛び入りの 私の店の 揚げマン も提供予定というか決定です!!
前年の 初!乗り入れ に続き、2回目の歓迎セレモニーです。
前回も天氣には恵まれましたが、今回も恵まれるでしょう♪