稲穂と麦

 

昨日は、合氣道のお稽古に行ってきました。

先週がお盆の為お休みでしたので、
久しぶりに自発的ないい汗流してきました。

その中で先生から、技を表現する言葉で

「実るほど 頭(こうべ)のたれる 稲穂(いなほ)かな」とお伝えいただきました。

この言葉は社会人になってすぐのころ、
以前に勤めていた会社のお得意先の現場職人さんに教えていただいてから、ずっと心の奥底に刻まれている言葉です。

このことわざはお米について言っていることでして、
良いお米(実りのある)ほど頭(こうべ)がさがっていること。

逆に麦(ムギ)は天に向かって真直ぐに伸びていますよね。
私はつくったことは無いので詳しくは知りませんが、
成長過程でムギは何回か踏みつけるみたいですね。
何度も踏みつけられて、真直ぐに伸びていくそうです。

なんだか・・・、人間と一緒だな?!とおもいました。

以前に氣の繋がりで、何人かの一部上場企業の社長さんとお話させていただく機会がありましたが、共通して言える事は・・・

私のような若輩者にも、
丁寧に挨拶(頭を下げてお礼)してくれるということ。

そして、皆様、事業を大きくしてきた過程で、
何度も、踏みつけられた経験 があるということ。

 

最後に、素晴らしい笑顔の持ち主であること。

 

自分もそうなりたい!と決心した出来事でした。

セルジオ越後氏講演会

 

今日は 今市青年会議所さんの4月例会に参加させていただきました!

演題 「スポーツで新日光ブランドを」

わたしはてっきり・・・、
最近、日光神戸アイスバックスシニアディレクター に就任された事を耳にしていましたので、アイスホッケーネタになるものと思っていたところ・・・

 

スミマセン!

 

いい意味で裏切られました♪

□  本当の仲間(まちづくりなど大きい意味で)のつくりかた

□  スポーツと酒は人(すばらしい人脈)を繋ぐ!
 →相手の趣味(興味のあること)を通じて共通点をもつ。
 広い視野・世界観をもって友達をつくる。

□  思い出!ふれあい!笑! から人のベクトルが一緒になり、すごい力が動き出す!

□  できないからやる! やってから楽しくなる!

 

など、ここで、すべてあらわせないほどすばらしい名言をいただきました。

セルジオさん自身も日光に住みたいと思っているそうです。

前回の 勉強会と繋がって最近、何かが動きそうな・・・

会場も溢れんばかりの人たちでした。