「土産」の語源・由来

土産

土産とは、人に贈ったり家に持ち帰るために、旅先などで求めたその土地の名産品。人を訪問する際に持って行く贈り物。お土産。おみやげ。

土産の語源・由来

土産は、その土地の産物が本来の意味で、「とさん」や「どさん」といった。
みやげの語源は、よく見て選び、人に差し上げる品物を「見上げ(みあげ)」といったことから、「見上げ」が転じて「みやげ」になったとする説。
「屯倉(みやけ)」からの品物の意味で、「みやげ」になったとする説。
その他、「都笥(みやこけ)」「宮倉(みやけ)」「家笥(みやけ)」などの意味からといった説があるが、正確な語源は未詳。
土産」と「みやげ」は、別の意味で用いられていたが室町時代から混用されるようになり、室町末期以降、「みやげ」の当て字として「土産」が用いられるようになった。

参考 語源由来辞典

さかえやの提案する「日光土産」とは

どこかの観光地に行ったときは、できればその土地ならではの特産品や、
そこでしか食べられない食べ物、名産品を購入したいと思う人が
ほとんどではないでしょうか?

私自身、お土産を購入するときは商品に表示してある
「製造所(場所)」を確認いたします。
また、原材料の原産地などもチェックすることもあります。

そして、一番の確認する方法は 試食 すること。
(自分の舌で確かめる方法です)

日光へ来られたならば、その土地で生まれ(産まれ)
日光で製造している商品をおすすめいたします。

その地でまれているから土産

日光で産まれているから 日光土産

日光の 空気・水・パワー がたくさんつまった美味しい物に出会えるかも知れません。

日光で製造している日光さかえやのゆばまんじゅうはこちら

日光製造ゆばまんじゅう

土産(みやげ)とは

ちょっと気になっていたので、土産 のことばの由来を調べてみました。

<以下引用>

土産

土産とは、人に贈ったり家に持ち帰るために、旅先などで求めたその土地の名産品。人を訪問する際に持って行く贈り物。お土産。おみやげ。

土産の語源・由来

土産は、その土地の産物が本来の意味で、「とさん」や「どさん」といった。
みやげの語源は、よく見て選び、人に差し上げる品物を「見上げ(みあげ)」といったことから、「見上げ」が転じて「みやげ」になったとする説。
「屯倉(みやけ)」からの品物の意味で、「みやげ」になったとする説。
その他、「都笥(みやこけ)」「宮倉(みやけ)」「家笥(みやけ)」などの意味からといった説があるが、正確な語源は未詳。
土産」と「みやげ」は、別の意味で用いられていたが室町時代から混用されるようになり、室町末期以降、「みやげ」の当て字として「土産」が用いられるようになった。

<引用終り>

参考 語源由来辞典

お土産選びのポイント!?

日光ゆばまんじゅう

先日、50代前半くらいの男性のお客様2人が当店の箱入りおまんじゅうを手にとって
くださった時のことです。

「いらっしゃいませ。日光ゆばを使ったおまんじゅうの試食はいかがですか♪」

手には いくつかのお土産袋を お持ちでしたので、
”お土産選びは ほとんど済んでるのかな・・”と思いましたが、
試食を喜んでしてくださいました。

「このまんじゅうは 重たいね〜」

「このおまんじゅうには あんこがたっふり入っているのですよ!日光のおいしい
水をたくさん含ませて もちもちした食感にしあげているので 重みは・・」

すると 手にさげていた お土産のおまんじゅうと 比べ始まりました。
「こっちは 軽いな〜(笑 」

お土産を買う際に(特に持ち歩きをする場合には)”重さ”も大切な要素かも知れません。
(重い荷物を持っての旅行は大変なものです)
しかし 重さだけには 現せない部分も お土産選びのポイントにしてみて下さいね。

その地でまれているから土産

その土地の 空気・水・パワー がたくさんつまった美味しい物に出会えるかも知れません。

日光で製造している日光さかえやのゆばまんじゅうはこちら